top of page

【塾】TikTokを活用して利用ユーザーを増やす!具体的な方法も解説

現在はオンライン化が進み、オンライン語学学習や教育サービスなども多く進出していることから、教育業界の市場は競争が激化し、塾の集客は難しくなっています。そのような中で勝ち残るためには、拡散力があり、若年層へのアプローチに効果的な「TikTok」を活用するのがおすすめです。

今回は塾がTikTokを活用するメリットをはじめ、今以上に利用者を増やすための具体的な方法をご紹介していきます。



塾がTikTokを活用するメリット

それではまず、塾がTikTokを活用するメリットから解説していきます。


無料で利用できて費用対効果が高い

TikTokは無料で利用できるSNSで、広告費を抑えられます。また、TikTokは独自のアルゴリズムがあり、見ている視聴者の行動履歴に基づいた最適な動画を表示してくれます。 つまり、フォロワーが少ない状態でも潜在顧客と見込めるユーザーに動画を表示してくれるため、より効果的に狙ったターゲット層に情報を届けることができるのです。

若年層のユーザーが多い

TikTokは多くの塾のターゲット層である若年層のユーザーが多いのも特徴です。 中学生や高校生のユーザーも多く、塾の特徴や魅力を上手く伝えることができれば、そのまま一定数のユーザーを集客することも可能です。

塾の空気感も伝えられる

文章や写真以上に、動画が投稿できるTikTokは視覚、聴覚に情報をアプローチできるため、より相手の印象に残りやすくなります。 また、写真以上に、動画の方が教室や授業のリアルな空気感が発信できるので、実際に通った時をイメージさせることができます。

あらゆるコンテンツを投稿できる

TikTokは動画コンテンツなので、トークはもちろん、歌ったり踊ったり、面白いことを言ったりなど自由に様々な内容を投稿できるのも魅力です。 塾の場合、一般的には少し真面目なイメージを持たれることが多いかと思いますが、少しエンタメ要素を取り入れた方が中学生、高校生の印象に残りやすくなり、より効果的にアプローチできます。 ほかにも講師イチオシの教材を紹介したり、授業のポイントをクイズ形式で出題するような塾ならではの動画を投稿するのもおすすめですよ。


TikTokを活用して集客に繋げる方法

ここからは、TikTokで視聴回数を増やし、効果的に集客に繋げるための方法を解説していきます。

エンタメ性が高い動画を投稿する

塾でTikTok動画を投稿する場合、授業風景のみだと投稿がワンパターン化してしまい、フォロワー獲得には繋がらない恐れがあります。 ご紹介した通り、TikTokは歌やダンスなどエンタメ性の高い内容との相性が良いため、これらのコンテンツもうまく組み込みながら運用していくのがおすすめです。歌やダンスはもちろん、授業内容を面白く解説する、少しダジャレを言うといった内容でも親しみやすさに繋がり、結果的に利用ユーザーが増えやすくなりますよ。


生徒の体験談を紹介する

塾に通って成績が上がった受講生にインタビューを行い、塾に通って得られたことや講師に対する感謝の気持ちなどを話してもらうのも、おすすめの集客方法です。 動画を見ているユーザーは、受講生と同世代の子どもたちが多いので、同じ年齢層の子どもが話している動画は信ぴょう性がありますし、そのまま塾の親しみやすさにも繋がります。

入試情報やトレンド情報を紹介する

入試情報や教育に関するトレンド情報は専門的な場所でしかなかなか発信することができません。 入試の時は多くの子どもたちが有益な情報を得たいと思っているので、そういった情報をこまめに発信すればフォロワー増加、信頼度向上に繋げることができます。


TikTok運用は継続することが何より大事

TikTokの運用は一時だけではなく継続的に行うことで認知度が高まり、フォロワー数が増えやすくなります。そのため、TikTokを通じて塾の集客に繋げたいなら、習慣的に投稿し続けることがとても重要です。習慣的に投稿できる自信がない方は、投稿スケジュールを設けるのがおすすめです。 例えば、「毎週月曜日と木曜日の夜7時に投稿する」など決めておくと、ユーザーにも投稿日が認知されやすくなります。TikTokを運用していると、投稿するネタが無くなってしまう…。なんてことも多々あります。 投稿日になって困ることがないよう、投稿ネタはある程度事前に決めておきましょう。投稿ネタに余裕があればスケジュール通りに投稿しやすくなるので、現段階で投稿するネタが少ない場合は、まずはネタを考えるところから始めてみてくださいね。


まとめ

塾などの集客は、若年層が多く利用しているTikTokを活用することでより実現しやすくなります。ですが、真面目な内容ばかり投稿し続けてしまうとフォロワーが増えるどころか、視聴回数も増えない…、なんてことに繋がってしまいます。 実際に運用する時は投稿スケジュールをしっかり考え、エンタメ性のある投稿を心がけることでより利用ユーザーの興味を惹くことができますよ。 今以上に受講生を増やしたいと思っている方は、ぜひご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

0件のコメント

Comentários


bottom of page