top of page

【美容師】TikTokでユーザーを増やす!おすすめの方法と見られやすい動画

TikTokでも人気が高い美容系の動画。

美容師の方の中には、TikTokを通じて集客に繋げたり、自分のファンを増やしたいと思っている方もいるのではないでしょうか?利用ユーザーを増やすためには、TikTokを活用するのがおすすめの方法!

そこで今回は、集客したい美容師の方に向けて運用時のポイントや再生されやすいTikTok動画をご紹介していきます。


美容師がTikTokを活用するメリットは?

それではまず、美容師がTikTokを活用するメリットから解説していきます。

・ユーザーに親しみを持ってもらえる

美容室の質に関係なく、世の中には「美容室そのものが苦手」と思っている方も多くいます。 美容室に行くと美容師と雑談をすることが多いですし、「美容師さんからどう思われるんだろう…」と気にする方も多いのです。 そして、このような方が「美容室が苦手」だと感じる背景には、「働いている美容師を知らない」ことが挙げられます。ヘアカットをしている姿やカウンセリングを行っている最中の様子などを動画に撮って、TikTokに投稿すれば、どんな人が働いているのかわかるので、親しみがわきます。結果、利用してくれるお客様も増えやすくなるので、TikTokを活用するメリットは大いにあるといえるでしょう。

・セルフブランディングにも繋げられる

美容師として働いている方は、自分の顧客を増やすことで、結果的にお店の集客に繋げることができます。また、フリーランス美容師として働いている方も、働く特定のサロンが定まっていないため、自分の顧客を常に作る必要があります。 そこで重要となるのがセルフブランディング!セルフブランディングとは自分をブランド化することですが、TikTokならこのセルフブランディングをより効果的に行うことができます。来てくれるお客様のビフォーアフターの動画を投稿すれば、自分のスキルを証明できますし「この人にカットしてもらいたい!」と思われやすくなるでしょう。 セルフブランディングにはInstagramもおすすめですが、TikTokは動画なので、より場の空気感やカットのスキルなどを感じてもらいやすくなります。 ぜひ、TikTokを活用して、自分のブランド価値を一層高めていきましょう。

【美容師】TikTok運用のポイント

続いて、美容師の方がTikTokを運用するにはどのような点を押さえれば良いのか、詳しく解説していきます。

・仕上がりを投稿する

美容師としてTikTokアカウントを運用していくなら、仕上がりの投稿はマスト。カットやカラーの仕上がりを載せれば「この美容師さんに任せれば、こんなヘアスタイルにしてもらえるんだ」と認識してもらえます。ユーザーから見て、理想のヘアスタイルやカラーを提供できれば、おのずと予約や指名も増えてくるでしょう。 ですが、仕上がりを投稿する際は対応したお客様の許可が必須です。無断で投稿すると、クレームになる可能性もあるので十分注意してくださいね。

・話している動画を投稿する

美容師のTikTokアカウントでは、カウンセリング最中の動画など、何かしら美容師が話している動画を投稿するのがおすすめです。 先述したように、美容師は、人柄や話しやすさ込みでお客様がつくので、こういった動画で好感を持ってもらえれば、集客に繋がります。 「仕上がり動画+美容師の紹介」をバランスよく投稿していくのがおすすめですよ。

【美容師】再生されやすいTikTok動画

実際、TikTokをしている美容室では、どのような動画の再生回数が伸びているのでしょうか?再生されやすいTikTok動画は次の通りです。

・美容室あるある

安定して人気のあるジャンル。

「途中でいきなりスタイル変更したいとお客様に言われた」

「シャンプー中に美容師が思っていること」

これらは実際の美容室のアカウントで投稿されている内容です。ちょっとした小ネタでも美容師ではない人が見ると新鮮で面白く感じます。 自分が思う「美容室あるある」をぜひ投稿してみてはいかがでしょうか?投稿する際は「#美容室あるある」とハッシュタグをつけるのを忘れないようにしてくださいね。

・ビフォーアフター

施術前と施術後を比べた動画も、再生回数が伸びやすいコンテンツです。 「大人のショートボブがいい」といったお客様のリクエストにしっかりアプローチして良い仕上がりができれば、動画を見たお客様が「可愛い」「素敵」と思って、フォローしてくれるでしょう。 ビフォーアフター動画ではギャップがあればあるほど再生回数が伸び、バズりやすくなります。美容師としてTikTokを投稿する方は、ぜひこのジャンルにも挑戦してみてくださいね。

まとめ

2023年1月19日に発表された「令和3年度衛生行政報告例」によると、美容室の件数は26万4,223件で、過去最高の水準となっています。 そんな競争率が高い美容室で集客するには、費用対効果の高いSNSを活用しない手はありません。中でも、動画を投稿できるTikTokは美容師のスキルを紹介しやすいです。話している姿を載せれば、人柄も伝えられて、親近感を与えることができますよ。 「この人、感じいいな」「カット上手だな」こう思われることで指名が増えるので、TikTokでユーザーを増やしたい方はぜひ記事内容を参考にしてみてください。

0件のコメント

コメント


bottom of page