top of page

【TikTok】ユーザーを巻き込むハッシュタグチャレンジで動画をバズらせよう!

企業アカウントとしてTikTokを運用している方の多くは、「もっとフォロワーや再生回数を増やしたい」と思っているのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが企業のコンテンツ作成や投稿をユーザーに促せる「ハッシュタグチャレンジ」!投稿が拡散し、ユーザーの作成、投稿が広がれば、商品やサービスを効果的に認知させることができます。

今回は、そんなTikTokのハッシュタグチャレンジのメリットや方法、ポイントを詳しく解説していきます。


TikTokのハッシュタグチャレンジの仕組み

TikTokのハッシュタグチャレンジは、次のような流れで動画の投稿を目指していきます。

①企業の公式アカウントから拡散したい動画を投稿

②多くのユーザーをチャレンジページへと誘導

③公式動画を真似してユーザーが動画を作成、投稿する

④不特定多数のユーザーに動画を拡散させる

このように、企業が企画した動画をユーザーに真似てもらい、拡散してもらうことで不特定多数のユーザーに認知してもらうのがハッシュタグチャレンジの目的です。 ハッシュタグチャレンジの動画投稿直後は、どうしても参加者が少ない傾向があります。それを防ぐために、インフルエンサーに動画を2~3本載せてもらい、アピールする方法が一般的です。

ハッシュタグチャレンジのメリット5つ

TikTokのハッシュタグチャレンジには主に5つのメリットがあります。具体的にどのようなメリットなのか、早速みていきましょう。

  • ユーザー参加型で盛り上がる

ハッシュタグチャレンジの大きな特徴は、ユーザー参加型で動画を拡散させるというもの。 ユーザーが楽しみながら取り組めるので、企業や商品、サービスに親しみを感じてもらいやすく、ファンになってくれることも多いです。

  • 拡散力がある

ハッシュタグチャレンジは、公式の動画をユーザーが真似してくれることで徐々に広がっていきます。TikTokはレコメンド機能に優れており、真似するユーザーや再生回数が多くなればなるほど、動画が広く拡散します。

  • 費用対効果が高い

ハッシュタグチャレンジには費用がかかりますが、定額で利用できます。 参加者が増えれば動画はより広く拡散しますが、その分追加の料金なども発生しません。そのため、うまくいけば費用対効果も高く得ることができます。

  • 効果的にアプローチできる

TikTokは動画の時間が短く、視覚と聴覚にアプローチできます。 文章で宣伝するよりも頭に残りやすいですし、その分ユーザーの興味をより惹きつけることができます。

  • 若年層にアプローチできる

TikTokを利用しているユーザーの6割は、10~20代です。 ハッシュタグチャレンジが拡散すれば、商品やサービスを若年層にリーチすることも可能!ターゲット層が10代、20代という場合は特に効果を実感しやすいでしょう。

ハッシュタグチャレンジをおこなう時のポイント3つ

ハッシュタグチャレンジは、ポイントを押さえることでより効果的に発信できます。 今まさにハッシュタグチャレンジを始めようと思っている方は、ぜひご紹介するポイントを参考にしてみてください。

  • 楽曲はキャッチ―なものを使う

まず動画に使う楽曲ですが、キャッチ―なものを取り入れるのがおすすめ!耳に残る楽曲は自然とユーザーの目に留まり、動画に興味を持ってもらいやすくなります。 企業のブランドイメージを大事にしたい場合は、オリジナル楽曲を作成することも可能。そのような時はTikTokのクリエイターと相談しながらぜひオリジナル楽曲を制作してみてください。 また、「TikTok Audio Libary」の楽曲もすべて利用できるほか、TikTokがビジネスアカウントの場合は、アカウントと関連している楽曲ライブラリーは商用利用が可能です。

  • ブランドと関連性のある振り付けにする

TikTokのハッシュタグチャレンジは、面白くて覚えやすい振り付けだとユーザーも参加しやすいです。 ハッシュタグチャレンジを実施する場合は、覚えやすい振り付けを考え、凝った演出などをしないシンプルさも意識していきましょう。 大事なのは「参加しやすさ」!この点をぜひ覚えておいてくださいね。

  • ブランドエフェクトを利用する

ハッシュタグチャレンジで、商品を手に持つ等をしてしまうと、ユーザー的には参加しにくくなります。 一方、ブランドエフェクトを利用すれば商品を疑似体験しながら動画を投稿できるので、参加のハードルが低くなります。 ブランドエフェクトとは、人の顔や体に変化を加えたり、背景などに装飾ができたりするもの。実際、ブランドエフェクトを取り入れたハッシュタグチャレンジは、取り入れなかったものと比べてPV数が146%も増えたというデータもあります。 ブランドの認知をより高める効果も期待できるので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

TikTokのハッシュタグチャレンジは、ユーザー参加型の広告でよりブランド価値を高めたり、認知を広げることが可能です。 さらにTikTokは視覚、聴覚にアプローチできるので、よりユーザーの印象にも残りやすく、商品の購買やサービスの利用に繋がりやすいのもメリット! ご紹介したポイントを押さえることで、より印象的な動画を発信できるので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

0件のコメント

Kommentare


bottom of page