top of page

【TikTok】視聴者を増加させるには「目標設定」と「継続」が重要!

TikTokは個人の表現の場の域を超え、企業の宣伝や販促としての役割もあるなど、世界中で活用されている人気のSNSです。

ですが、多くの方はTikTokをどのように運用すれば効果的に視聴者を増やすことができるのかわからず、右往左往しています。TikTokで視聴者を増やすための方法はいくつかありますが、その中でも重要なのは「目標設定」と「継続」の2つです。

そこで本記事では、この2つのポイントをより深掘りしながら解説していきます。



TikTokにおける「目標設定」とは?

それでは、まずはTikTokにおける「目標設定」から解説していきます。

TikTokを運用する際は、具体的な目標を設定すべし

TikTokの運用を本格的に始める時は「具体的な目標設定」をしっかり行うことが重要です。 「何をどうやって達成したいのか?どのような成果を得たいのか?」 これらを明確にすることで、その目標に合った視聴者へのアプローチに繋がりますし、結果的にブランドの認知度も高くなります。TikTokで目標設定をする時は、「ペルソナ」を設定するのがおすすめです。ペルソナとは、ターゲット層をより明確にした架空の理想像です。 例えば、「30代女性、1人暮らし、ペットを飼っている、外食は月に3回」など、細かく設定することで対象ユーザーの興味やニーズに合ったコンテンツを構築しやすくなります。 ペルソナを設定する時は、ターゲット層の年齢や性別、趣味、仕事、ライフスタイルなど具体的に考えることでよりイメージが膨らみやすくなります。 また、設定したペルソナは定期的に見直すことで、より視聴者の変化に合わせた動画コンテンツを提供しやすくなるのでおすすめです。

ペルソナの設定は、視聴者への深い理解に繋がる

ターゲットとなる視聴者への理解は、刺さるコンテンツを発信する上で極めて重要なポイントです。視聴者への理解でおすすめの方法は、視聴者の行動パターンを把握すること。目標で設定したペルソナを参考に、ターゲット層がTikTokにログインしている時間などを調査しましょう。 もし、夜にログインしているユーザーが多いなら、運用する際は基本的に夜に動画を投稿する、というようなイメージです。

TikTokで視聴者を増やすには「継続」が重要!

TikTokで視聴者を増やすためには「継続」がかなり重要です。ここからは、継続のポイントについて、より深掘りしながら解説していきます。

テーマの決定とスケジュール作成

まずテーマはコンテンツの中心となる部分なので、視聴者となるターゲット層へのリサーチをしっかり行い、入念に決めていきましょう。 テーマが決定したら、いよいよ動画の投稿スケジュールの作成です。 「わざわざ作らないといけないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、きちんとスケジュールとして考えておくことで、より習慣的に動画を投稿しやすくなります。 スケジュールを考える時は、特定の投稿日時を決めるのがおすすめです。「週に2~3回」というアバウトな決め方ではなく、「月曜、水曜、金曜の19時に投稿する」と決めておきましょう。投稿日時が視聴者に認知されれば、よりコアなファン獲得にも繋がりますし、視聴者に期待を持たせることができます。 スケジュール計画を考える時は、無理のない範囲で決めることが重要です。なぜなら、一度決めたスケジュールを崩してしまうと、投稿が止まるきっかけになってしまうからです。そのため、スケジュールを決める時は、自身のライフスタイルなどをしっかり考慮しながら考えるようにしてくださいね。

余裕がある時に投稿ネタを考えておく

投稿スケジュールを考えても、いざ投稿する日になると疲れていたり、時には「面倒くさい」と感じることもあります。そのような時、投稿ネタから考えて撮影、編集までするのはかなり億劫です。 そこでおすすめなのが、余裕がある時に投稿ネタを考えておくこと。事前に投稿ネタのストックがあれば、より計画的に動画をアップロードできます。 また、投稿ネタは真面目に考えている時よりも、心身共にリラックスしている時の方が案外思い浮かぶことが多いです。休日や平日の午後など、リラックスしている時に投稿ネタをぜひ考えてみてください。 また、他のクリエイターの動画やトレンドをチェックすることで新しい投稿ネタが思い浮かぶこともあります。投稿ネタが思いついた時は、忘れないようにスマホのメモ機能などを活用して保存しておくようにしましょう。投稿ネタをあらかじめ考えておけば、日々の投稿もスムーズにできますし、安心感があるのでストレスなくTikTokを運用できるようになりますよ。

まとめ

「継続は力なり」とよく言いますが、これはTikTokにも当てはまります。ですが、TikTokの運用はやる気だけでは継続することがなかなか難しいことも多々あります。 ご紹介したように、目標やペルソナを最初から設定することで、より効果的に視聴者に伝えたい情報をアプローチできます。 そして、無理のないスケジュール作成と、余裕がある時に投稿ネタを考えておくことで、投稿頻度を一定に保ちやすくなります。投稿頻度が整えば、視聴者の期待に応えられますし、そうした取り組みは結果的に視聴者の増加にも繋がります。 今まさにTikTokを運用している方、これから運用しようと思っている方は、ぜひ記事内容を参考にしながら継続することを目指してみてくださいね。

0件のコメント
bottom of page