これは朗報だわ。YouTubeショートの収益化がついに始まるらしい


YouTube shortsの収益化条件とは?いつから始める?


ついにYouTube Shorts(ショート)で収益化が開始されることがユーチューブの公式から発表されました。 今回は収益化の具体的な開始時期や収益化条件について解説していきます。


YouTubeショート収益化の条件と開始時期


先日YouTubeのクリエイター向けにこんなメールが届きました。

“クリエイターの皆様に朗報です。今後数か月の間に、YouTube パートナー プログラム(YPP)の特典が拡大される予定です。チャンネルやコミュニティに合った動画フォーマットで、ご自身のクリエイティビティを活かしながら収益が得られるようになります。”

このメールで公式に発表されたのがYouTube shortsの収益化です。これまで認知拡大の為にショート動画を頑張ってきた方やTikTokを主戦場とするクリエイターの方には嬉しいニュースなのではないでしょうか?

具体的な開始時期は「2023年の早いタイミング」とだけ記載がありました。

大抵YouTubeが新機能を実装する際は、インドなどの幅広い世代かつ人口が多い国でベータ版のテストをしてから全世界で展開します。そういった国でテストが開始されたら、実装間近と言えるでしょう。

そして注目の「収益化の条件」は

『チャンネル登録者1000人以上』

『直近90日間のshorts動画の視聴回数1000万回以上』

or

『直近12ヶ月間の総再生時間4000時間(従来通り)』

です。

※登録者以外はどちらかの条件を満たせばクリアです。


これまでのShortsの歴史

YouTube ShortはTikTokの大流行で証明された短尺動画の需要に答える形で実装されました。 YouTube ショートは実装当初、通常の動画投稿のような広告はなく、総再生時間にもカウントされませんでした。

2021年にYouTube shorts fund(ユーチューブショートファンド)という支援基金を1億ドル(約109億円)で立ち上げ、YouTubeショートで目立った功績を残したクリエイターに資金を分配する仕組みを作りました。 しかし、あくまで基金から出資されていたので広告収入ではありませんでした。 また、「目立った功績を残す」という表現も曖昧だった為、実際には単体の動画で100万再生以上を叩き出さないと、まともな収益にならないことが多かったようです。 調べてみると300万再生で1万5000円程度の収益になったという方もいました。

そういった流れを経て、2023年からYouTubeはショート動画をメインに投稿しているユーザーや、長尺動画を投稿しているユーザーでも収益獲得の仕組みを増やす狙いでショート動画の収益化を開始することが発表されました。これに伴い、ショートでも広告が掲載されることになります。この広告収益全体の45%をクリエイターに還元していくようです。



YouTubeショートの収益化前にやるべき事前準備


ショート動画では達成が困難だった4000時間の総再生時間をクリアなくても収益化できるようになったことで、新規チャンネルの参入が激化することが予想されます。

そうなってくるとこれからYouTubeショートでお金を稼ごうとしている方でも、既に動画を投稿している人も満足な収入を得るのが難しくなってしまいます。

ショート動画収益化の波に乗り遅れないようにする為に、やるべき事前準備をまとめました。

1つ目は言わずもがな、チャンネル登録者1000人を達成することです。これは長尺短尺の動画投稿に限らず、必須条件になりますので今から達成しておくべきです。

2つ目は再生回数の確保です。条件では「直近90日間の視聴回数が1000万再生以上」とされており、「収益化は2023年の早いタイミング」とアナウンスされているので2022年の年末〜2023年の年始から動画投稿を始めておくと良いでしょう。

3つめは十分な動画投稿数の確保です。投稿開始に関しては前述の通りですが、ショートを投稿していくからには質よりも数で勝負していかなければなりません。

またショートの特徴としてチャンネル登録者以外のユーザーにもオススメされやすいという特徴があります。このアルゴリズムによって普段は出せないような大きな「バズ」を生み出すことがあります。

このようなバズは投稿を続けている限り、必ずいつか訪れます。そうなった時に視聴者を囲い込み、チャンネル内の動画を回遊させる為にはある程度の動画投稿数が必要です。最低でも30本は投稿しておくようにしましょう。






YouTubeショート収益化のまとめ


2023年の初めから始まるYouTube shortsの収益化には 『チャンネル登録者1000人以上』+『直近90日間のshorts動画の視聴回数1000万回以上』or『直近12ヶ月間の総再生時間4000時間(従来通り)』の達成が必要です。(※登録者以外はどちらかの条件を満たせばクリア)

とは言え、慣れない動画編集や、まだまだアルゴリズムが予測しにくいショート動画で戦っていくのは大変困難です。そこでご紹介したいのが、SNSMARKET.JPのショート動画向けサービスです。当サイトではYouTubeショートの高評価や再生回数を購入して増やすことができます。

今の内から準備してスムーズに収益化を達成しましょう!


0件のコメント