top of page

商品紹介で「TikTok売れ」に繋げるポイントは?企業の事例も紹介!

近頃、TikTok動画を見たことがきっかけで販売に繋がるという「TikTok売れ」が話題になっています。

TikTokといえば、動画コンテンツを発信するSNS。当初は若者から人気を集めていましたが、現在は40代以降の中年層のユーザーも増えています。

「TikTok売れ」に繋がる商品紹介のコツを掴めば、企業のマーケティングにも大いに役立てることができますよ。

今回は、そんなTikTok売れに繋げるポイントや成功した企業の事例についてご紹介していきます。



「TikTok売れ」とは何か?

「TikTok売れ」とは、TikTokがきっかけでその商品が大きな話題を呼び、結果的に販売数が上がる現象のこと。以前行われた調査によると、10~50代のユーザーのうち3人に1人が、TikTokがきっかけで商品やサービを購入したことがあるといいます。 購入される商品は、アプリゲームやコスメ、日用品、健康食品、家電、家具など幅広く、若年層はもちろん、キャリアパーソンや主夫、主婦向けの商品やサービスが多く購入されています。 このように幅広いユーザーに商品やサービスをアプローチできるのは、TikTokが簡易的な動画コンテンツであるということが挙げられます。 TikTokの投稿者はちょっとした文字を入れつつ、動きや音楽で内容を簡潔かつ視覚的に伝えることができます。そのため、見ただけで商品(サービス)の魅力が伝わりやすく、結果的に購買意欲を掻き立てることができるのです。


「TikTok売れ」に成功した企業事例2選

ここからはTikTokから商品の購買に繋げることができた、企業の成功事例を2つご紹介していきます。


地球グミ

ひとつ目の事例は「地球グミ」です。 地球のような形の「プラネットグミ」を食べる動画がTikTokで大流行し、結果的に10万袋以上売れ、一時は入手困難な状況となりました。 地球グミはパッケージを噛むと「パキッ」という音が出る、中に甘いソースが入っているといった特徴がありますが、投稿されている動画はどれもこれらの特徴をわかりやすく伝えています。


ファイブミニ

続いて紹介するのは、大塚製薬から販売されている飲料の「ファイブミニ」です。 かねてから食物繊維補給飲料として知られていたファイブミニですが、一時期TikTokで話題となったことで、売上が2倍伸びたことがありました。 ファイブミニは元々30~50代をターゲット層とした商品ですが、TikTokでは美容やダイエットにおすすめという流れで紹介されることが増え、若い世代を中心に大きな話題を呼びました。 さらに、この流れを受けて大塚製薬はインフルエンサーを起用。TikTokの広告運用に本格的に乗り出し、ファイブミニはさらにヒットすることとなったのです。


「TikTok売れ」に繋げるポイント3選

ここからは、そんなTikTok売れに繋げるにはどうしたら良いのか、押さえておきたいポイントを3つご紹介していきます。企業としてTikTokを運用している方は、ぜひ参考にしてください。


「真似したい」と思えるコンテンツを発信する

TikTok売りは、投稿を見たユーザーが「自分もやってみたい!」とそれを真似して投稿するという流れが続くことで起こりやすくなります。 つまり、企業側としてはユーザーが簡単に「真似したくなる」動画を発信することが重要となります。 ポイントは「簡単にできる」という手軽さ。 参入のハードルが低くなればなるほど、あらゆるユーザーが参加しやすくなります。 また、「#○○チャレンジ」という形で挑戦する企画を発信するのも効果的な方法。売り出したい商品やサービスに合わせて、適したコンテンツを考えていきましょう。


若年層を狙ったコンテンツを作る

TikTokを利用しているユーザーの平均年齢は上がっていく一方ですが、商品の購買に関しては若年層から一気にバズるケースが多いです。 ポイントはビジネス用語などの難しい言葉は使わないこと。若者言葉を取り入れて宣伝することです。「ぴえん」や「~しか勝たん」といった言葉を入れることで、一気に親しみを持って貰いやすくなるのでぜひ意識してみてください。


TikTokerを起用して商品(サービス)を紹介してもらう

これまでの事例を見てもTikTokerが発信することでより商品やサービスがバズりやすくなる傾向があります。 TikTokerを起用すれば、より多くのユーザーに商品やサービスの情報を認知できますし、高いレベルの動画コンテンツを発信してもらえます。 TikTokerは、商品やサービスをわかりやすく、魅力的に伝えるプロです。どのようなコンテンツを発信しようか迷ったら、自社のイメージに合ったTikTokerの起用も検討してみてください。



まとめ

ひと昔前までは「TikTok」といえばダンスを踊ったり、ジョークをテーマにした動画が多いというイメージだったかもしれませんが、現在は幅広い年代のユーザーが利用していて、企業も続々と参入してきています。 商品やサービスを売り込むという意味でもTikTokは非常に効果的な手段です。企業マーケティングにSNSを活用しているという企業様は、ぜひ「TikTok売れ」に繋がるコンテンツ作りにもこだわってみてはいかがでしょうか?

0件のコメント

Comments


bottom of page