top of page

TikTokがここまで流行った理由は?活用するメリットも解説

若い世代を中心に流行りはじめ、2022年現在は世代問わず多くのユーザーが利用している人気のSNS動画サービス「TikTok」。個人の利用はもちろん、現在は企業が宣伝用として活用するケースも目立っていて、世界的に見てもダウンロード数とユーザー数は増えています。 一体なぜ、TikTokはこれほどまでに流行ったのでしょうか? 今回はTikTokが流行った理由と、それを踏まえた上での活用メリットを解説していきます。



TikTokが流行った理由


まず初めに、TikTokが流行った理由についての解説です。


拡散力がある


TikTokは数あるSNSの中でも拡散力が高いのが大きな特徴です。 他のSNSはフォロワーがある程度いないと自分の投稿が見られない…、という状況も多くあります。 それに対してTikTokはフォロワーがそれほどいない状態でもハッシュタグを効果的に活用したり、おすすめに載ることで動画を広く拡散することが可能です。


動画制作が簡単


「動画制作するSNS」の中ではYouTubeも人気が高いですが、YouTubeの動画制作は非常に手間がかかるのも事実。 一方、TikTokは15秒ほどの時間で動画を制作するので、撮影や編集時間の手間がそれほどかからず誰でも気軽に投稿できます。 この「気軽さ」も多くのユーザーから支持されている理由のひとつだといえるでしょう。


投稿しやすいコンテンツが多い


TikTokでは人気の楽曲に合わせて口パクをする動画が多く投稿されていますが、これもユーザーの投稿のしやすさに繋がっています。 YouTube動画で楽曲や歌を投稿する場合、本当に演奏したり歌ったりして投稿するケースが多く、どうしてもハードルが上がってしまいますが、TikTokは口パク動画でも十分需要があり、「面白い」と繰り返し見られる傾向があります。


レコメンド機能が優れている


TikTokは強力な機械学習の技術が用いられていて、使えば使うほど自分に最適な動画を提案してくれます。つまり、見たい動画を自分で検索しなくても、自動で表示してくれるようになるのです。 また、このレコメンド機能は投稿者にとっても大きなメリットがあります。 TikTokのレコメンド機能は、フォロワー数が少ないユーザーでも良質なコンテンツを発信していれば平等に適切だと思われるユーザーに動画を届けてくれます。


承認欲求を程よく満たしてくれる


TikTokは肌を綺麗に見せるフィルターが使えたり、自由に顔にはめられるスタンプなども豊富。自分の姿を盛って投稿できます。 自分の見た目がより魅力的になれば、投稿者は嬉しくなりますし、そういった自分を残したくなるもの。ちょっとした承認欲求が満たせるのも、TikTokの大きな魅力です。


有名になるチャンスがある


TikTokでは「♯広告で有名になりたい」というハッシュタグも人気で、参加することで気軽にTikTok内の広告コンテンツに参加することも可能。バズれば有名になれる可能性もあります。 現に、TikTokの投稿でバズって人気が爆発し、その他のSNSやテレビで活躍しているユーザーも多くいます。タレントとして将来活躍したいという方にとっても、TikTokは魅力的なSNS動画サービスなのです。



TikTokをビジネスに活用するメリット


そんなTikTokはビジネスへの活用も大いに注目されています。取り入れるメリットは次の通りです。


幅広い世代に訴求できる


一時期は「若者のSNS」というイメージがあったTikTokですが、現在は30代、40代のユーザーも多く利用しています。 30~40代に訴求したい商品やサービスがあれば、TikTokは非常に有効な手段だといえるでしょう。


他のSNSと比較して企業の参入が少ない


TwitterやInstagramを活用している企業は多くありますが、TikTokはまだ多くの企業が参入しているわけではありません。 今後はより需要が高まるとも考えられますが、現時点ではまだ多くの競合がいるわけではないので、商品やサービスの発信を効果的にしたい場合は参入するメリットは大いにあるといえるでしょう。


フォロワー数関係なく情報を拡散できる


SNSで情報を発信したり、投稿をバズらせるためには一定数以上のフォロワー獲得が重要視されていますが、ご紹介した通りTikTokはフォロワー数に関係なくそのユーザーに適した動画が表示される仕組みとなっています。 新規でも良質なコンテンツなら動画の再生回数を伸ばしやすいので、企業の宣伝に適しているといえます。


広告を最後まで見てもらいやすい


他のSNSだと飛ばされがちな「広告」ですが、企業アカウントで発信した動画は、「面白い」という理由で最後まで見てもらえる割合が多いことが、TikTokのユーザー調査でわかっています。 動画を最後まで見てもらえるということは、より情報を効果的にリーチできている証拠!うまく活用すればユーザーの購買意欲を掻き立てることもできます。 また、TikTokは広告にも「いいね」や「コメント」をつけられるので、情報がユーザーからどう受け取られているのか、企業側も把握しやすくなっています。


まとめ


TikTokの大きな魅力は、やはりフォロワーが少ない状態でも拡散力があるという点です。 また、手軽に撮影や編集ができるので動画制作の手間もかからず、「続けやすい」のも特徴!動画で視覚的に情報を伝える分、より購買意欲を高めることも可能なので、SNS運用を考えている企業の広報担当者様は、TikTokの運用を検討してみてはいかがでしょうか?

0件のコメント

Comentarios


bottom of page