top of page

TikTokで利用できる広告は?それぞれの特徴とメリット・デメリット

TikTokには様々な広告があり、自社の目的に合ったものを選ぶことでより効果的に運用していくことが可能です。

今回は、TikTokで利用できる広告の種類や特徴、それぞれのメリット、デメリットについて詳しくご紹介していきます。TikTokで広告をより活用していきたいと考えている企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。



TikTok広告の種類

TikTok広告の種類は主に4つあります。それぞれの特徴は次の通りです。

  • 起動画面広告

TikTokアプリを起動すると、すべてのユーザーに広告が表示されます。 この広告が「起動画面広告」で、画像やGIF画像、GIFアニメーションのいずれかの広告を表示することができます。さらに、広告には外部リンクも付けられるので、TikTokから自社サイトに誘導することも可能です。 起動画面広告のメリットは、すべてのユーザーに投稿を表示できるということ。自社の紹介や商品、サービスの認知度をとにかく高めたいという時に適しています。

  • インフィード広告

TikTokの「おすすめ欄」に表示される広告のことです。この広告のメリットは、表示するターゲット層も設定できること。そのため、自社が求めるターゲット層に向けてダイレクトに宣伝することが可能です。 他のユーザーと同じように「おすすめ欄」に広告が表示できるので、ユーザーからの「いいね」や「シェア」も期待できるほか、宣伝している感じも強く出さずにアプローチできます。

  • 運用型広告

運用型広告は、企業などが専用アカウントを運用して広告を出すというものです。運用型広告は、ターゲットの設定や動画の撮影、投稿を自社の担当者が行う必要があります。そのため担当者はTikTok運用の知識やスキルを持っておくことが必須だといえるでしょう。 運用型広告のメリットは、他の広告以上に少ないコストでできるということ。運用に時間は取られるのが難点ですが、コストで考えるならメリットが大きい方法です。

  • ハッシュタグチャレンジ

TikTokのユーザーが参加する形で実施できる広告で、ユーザーの反応率が高いのが特徴です。 この方法の広告は、企業側がお題の動画を投稿します。ユーザーはそれにチャレンジすることで、商品やサービスの宣伝に繋げていきます。 ハッシュタグチャレンジのメリットは、掲載期間が2か月と長いこと。うまく動画を発信できれば、長期的に認知を広げていくことも可能です。ハッシュタグチャレンジは、真似しやすい動きを取り入れたり、ユーザーが参加したい!と思える要素を工夫して入れることでバズりやすくなります。

TikTokで広告を活用するメリット

TikTok広告を活用するメリットは、主に次の4つが挙げられます。

  • 宣伝効果が高い

広告の中には、「いいね」や「コメント」「シェア」ができるものもあり、高い宣伝効果を得ることが可能です。また、ターゲット層も設定できるので、より効率よく伝えたい情報を発信できます。

  • ユーザーの行動に繋がりやすい

TikTok広告は、動画を見てもらうことが基本となります。他のサイトの広告と比べてTikTokは「広告感」も少なく、押し付けがましい感じもありません。 そのため、ユーザーもストレスなく最後まで動画を視聴しやすいのが特徴!結果として商品の購買やサービスの利用に繋がりやすくなります。

  • 若年層に認知してもらえる

TikTokの平均年齢は30代となっていますが、全体の年齢層では10代、20代のユーザーも多くいます。そのため、TikTokを活用すれば若年層に商品やサービスをアプローチすることも可能です。 また、Z世代である10代、20代はTikTokの他にもInstagramやTwitterなどあらゆるSNSを利用しています。面白い動画は、他のSNSでのシェアも期待できるので、宣伝効果をより高めることも可能です。

TikTokで広告を活用するデメリット

メリットが多いTikTok広告ですが、中にはデメリットもあります。 それは、「コストがかかる」ということ。広告別に発生するコストは次の通りです。

・起動画面広告…500万円ほど

・インフィード広告…42万円~

・運用型広告…100~1,000円(1,000インプレッション)、30~100円(クリック)、5~60円(再生)

・ハッシュタグチャレンジ…1,000万円ほど

比較すると、運用型広告以外は高額なコストがかかることがわかります。 運用型広告はアカウントが成長すればするほど効果が期待できるので、長期的に取り組むならこちらを選択するのも良いでしょう。

短期的に広告効果を得たい場合は、他の3つのいずれかの広告がおすすめです。広告を打ち出す時は、発生するコストも比較しながら自社に合ったものを選んでいきましょう。

まとめ

TikTokで利用できる広告はいずれも「広告感」を出さず、親しみを与えながら発信できるので、より高い宣伝効果が期待できます。 大事なのは、自社のマーケティング戦略に沿った広告を選んで実践すること。うまく活用することで、自社の認知度はもちろん、商品の購買やサービスの利用に繋げることができますよ。 各広告は発生するコストもバラバラなので、利用する際はコスト面も踏まえつつ、自社に合ったものを選んでいきましょう!

0件のコメント

Comentários


bottom of page