top of page

TikTokを子どもがするのは危険?視聴者を増やすコツや注意点を解説

TikTokは歌やダンスなど、あらゆる表現を発信できるSNSで、世代を問わず人気があります。

それは未成年の子どもたちも例外ではなく、中にはTikTokで動画がバズり、視聴者が続々と増えている未成年のTikTokerも多くいます。とはいえ、大きく拓けた場であるTikTokを未成年の子どもが利用する際は、注意すべきポイントがいくつかあります。

今回は未成年の子どもがTikTokを行う際に押さえておくべき注意点や、より効果的に視聴者を増やすコツを解説していきます。



【TikTok】未成年の子どもが押さえておくべき注意点

それでは早速、未成年の子どもがTikTokを行う際、どのような注意点を押さえておくべきなのかをみていきましょう!

個人情報が流出する恐れがある

TikTokでは、自分の顔や部屋の様子など、生活が垣間見えるような内容を投稿するケースも多々あります。 ですが、情報量が多い映像は子どもの個人情報の流出に繋がってしまうため注意が必要です。

オンラインハラスメントの被害に遭う可能性がある

ネットは、非対面で匿名性が高いため、対面以上に嫌がらせ行為が容易にしやすい傾向があります。 TikTokも例外ではなく、時には子どもが投稿した動画に不快なコメントが寄せられる危険性があります。

不適切なコンテンツに触れる恐れがある

TikTokはオンラインプライバシーを保護するため、13歳未満の子どもの利用を認めていません。 ですが、それでも不適切なコンテンツへのアクセスを完全に防ぐことは難しく、検索すれば簡単に不適切なコンテンツに触れられてしまうのが現状です。

子どもが安全にTikTokを行うために心がけるべきこと

上記のようなリスクを踏まえて、子どもが安全にTikTokをするにはどのような対策が効果的なのでしょうか?ここからは効果的な対策を解説していきます。

アカウントを「プライベート」設定する

TikTokのアカウントをプライベート設定すれば、フォロワー以外のコメントやメッセージを制限できます。不特定多数のユーザーとのコミュニケーションを制限したい場合は、アカウントのプライベート設定を行うのがおすすめです。

個人情報をむやみに投稿しない

住所や通っている学校名、電話番号などの個人情報はむやみに投稿しないよう、家族間で共有しておくことが重要です。 また、中には、注意していても意図せず個人情報が流出してしまうことがあります。投稿する際は場所がわかるような風景や郵便物などが映り込まないよう、注意を促しましょう。

家族間のコミュニケーションを大事にする

子どもがTikTokを利用する場合は、家族間でしっかりコミュニケーションを取ることが重要です。オンライン上での利用については事前に子どもと話し合い、ルールを作るようにしましょう。万が一何かあった時にすぐ相談できるような信頼関係を築いていきましょう。

子どもがTikTokで視聴者を増やすコツ

続いて、子どもがTikTokで視聴者を増やすにはどのような方法が効果的なのかを解説していきます。

トレンドを意識する

TikTokはトレンドを押さえることでより「おすすめ欄」に乗りやすくなり、効果的に視聴回数を増やすことができます。 具体的にはトレンドのダンスや歌などを動画に取り入れたり、ハッシュタグチャレンジなどに参加すると良いでしょう。

自己表現を行う

TikTokは自由に自己表現を行う場でもあります。他のユーザーとは異なる自分の個性や興味のあることを探し、それを発信することで子供自身も楽しみながら投稿できますし、より視聴者を惹きつけることができます。

コンスタントに投稿する

TikTokはコンスタントに投稿することで視聴者から認知され、フォロワー増加に繋げることができます。1日に1回の投稿は無理でも週に2~3回投稿するなど、独自のルールを設けて一定の投稿頻度を維持するようにしましょう。

良質なコンテンツを発信する

TikTokは短い動画でエンターテインメント性を表現できるコンテンツです。 そのため、動画を見た視聴者に「面白い」「為になる」と思って貰えれば視聴回数やフォロワーをより効果的に増やすことが可能です。

とはいえ、この点が視聴者や視聴回数を増やす上で最も悩ましい部分。 おすすめの方法は、冒頭の3秒にこだわることです。TikTok動画は、冒頭部分で「つまらない」と思われてしまうと、すぐにスワイプされてしまう傾向があります。

視聴維持率を長くするためには、冒頭の3秒で「続きが気になる」と思わせることが重要。効果的な作り方や撮影方法がわからない場合は、トレンドの動画や自分と同じジャンルの投稿動画で、特に視聴回数が伸びている動画を参考にしてみてくださいね。

まとめ

TikTokは自己表現の場としても人気が高いSNSですが、未成年の子どもが利用する場合は、考えられるリスクをしっかり押さえておくことが大切です。 子どもがTikTokをする際は、個人情報の流出に注意しながら、家族間でもコミュニケーションを取り、何かあった時子どもが相談しやすいような環境を整えていきましょう。 また、TikTokはご紹介したような工夫をすることで、効果的に視聴者や視聴回数を増やすことが可能です。今まさにTikTokの視聴者、視聴回数を伸ばしたいと思っている方は、ぜひご紹介した方法も実践してみてくださいね。

0件のコメント

Comments


bottom of page