top of page

登録者と再生数を増やすのになぜYouTubeアルゴリズムが重要?

YouTubeで成功するためにはYouTubeのアルゴリズムを理解していることが重要と見聞きする人も多いと思います。

今回は、チャンネル登録者と動画の再生数を増やすのになぜYouTubeアルゴリズムが重要になるのかを紹介していきたいと思います。



YouTube運用で考えること

YouTubeで再生数を稼ぎ、チャンネル登録者を増やし成長していくためには、良質な動画を制作し視聴者が飽きずに見てもらえる状態を作らなくてはなりません。 今ではYouTubeは数多くのライバーが活動し、アップロードされる動画も膨大です。そういった状況下で、「オワコン」と呼ばれることなく安定した収入を確保するためには、膨大な数ある動画の中から選んでもらうことと、ただクリックされるのではなく、最後まで動画を視聴してもらうというこの2つのポイントが重要となってきます。

運用に必要な2つのポイントをクリアするために

自分が投稿した動画が、視聴者から選ばれるためには、まずは視聴者の目に触れること(表示回数)が必要となってきます。ただし、目に触れたとしてもクリックされなければ再生数にはつながらないため、クリック率を上げることも考えていかなければなりません。 そして、動画を最後まで見てもらうためには、離脱されることなく長い時間視聴してもらうこと、つまり視聴者維持率をキープする必要があるのです。

表示回数アップで意識する項目

表示回数で意識しなければならない項目は以下が挙げられます。

・検索での上位表示

・動画再生時に表示される関連動画一覧

・ユーザーの視聴傾向にある動画と関連性のあるオススメの動画が表示される(レコメンド)ホーム画面

ハウツー動画や勉強系の動画はYouTube内検索だけではなく、GoogleやYahoo!といった検索エンジンでの検索上位も狙いやすくなるため、意識していくのも良いでしょう。 また、潜在層にアピールできる手段としてYouTubeショート動画の活用や、YouTube外SNS(Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなど)の運用もオススメです。

クリック率を上げるためのポイント

表示されてからクリックにつなげるためには、動画が ”選ばれること” が大切です。 そのために意識するべきなのは、インパクトだけではなく視認性にも優れた魅力的なサムネイルとタイトルになります。

視聴者維持率キープで意識する箇所

最後まで動画を視聴してもらうためには、ユーザーを飽きさせない工夫が大切です。 そのためには、動画の構成と編集がポイントとなってきますが、トークをメインとする場合にはトークテンポといった話術にも注意を払いましょう。

YouTubeのアルゴリズムについて

先述したポイントはYouTubeのアルゴリズムとも関係があります。 YouTubeのアルゴリズムは、ホーム画面や関連動画一覧などに表示する動画を選定する仕組みです。つまり、アルゴリズムに評価されることで動画の露出が増えることになります。 YouTube側は、広告掲載により収益を得ているため、ユーザーに長くYouTubeを利用してもらうことを方針としています。そのため、ユーザーの視聴パターンから興味を持ちそうな動画を選びつつ、反応の良い動画が優先して表示されるようになっています。 ユーザーの反応が良いかどうかを判別するための指標として動画の再生回数、視聴者維持率、インプレッションクリック率、高評価数やコメント数を見ています。 そのため、表示回数、クリック率、継続維持率を意識したチャンネル運用が重要となってくるのです。

動画内容(ジャンル)をアルゴリズムに伝える

YouTubeは動画の内容を判断することはできません。ですが、いくら視聴者維持率や再生回数が多くても、視聴者が頻繁に視聴するジャンルと異なるコンテンツを表示しても再生される可能性は低くなり、YouTubeの品質は悪くなるばかりです。 そのため、チャンネルや動画に設定する項目でジャンルを把握し、視聴者の興味がありそうな動画、且つ良質な動画を表示しているのです。 そして、チャンネルを運用するYouTuberはアルゴリズムにジャンルを伝えるための項目を理解し設定していかなければなりません。

ジャンルやカテゴリを伝える項目は以下が挙げられます。

・タイトル

・動画カテゴリ

・動画説明欄

・メタタグ(動画タグ)

・ハッシュタグ

・チャンネルタグ

・チャンネル説明欄

これらの項目で入力したテキストデータを元にYouTubeはジャンルを把握し、最適なユーザーに動画を届けることになります。影響を与える項目は多くなりますが、しっかりと意識しながら設定していきましょう。

まとめ

YouTubeで再生回数やチャンネル登録を増やすためにはYouTubeのアルゴリズムの理解が必要です。 そして、アルゴリズムに評価されるためには表示回数、クリック率、視聴者維持率がポイントとなりますが、動画のジャンルをアルゴリズム伝えていくことも忘れずにキーワードを選定して設定していきましょう。

0件のコメント

Comentários


bottom of page