top of page

効率的に商品を宣伝できる!インスタグラムのコレクション広告とは?

インスタグラムのコレクション広告という機能を知っていますか? コレクション広告とはインスタグラム上で作成できる商品カタログのことで、インスタグラムを利用した効率的なマーケティングの有効手段の一つです。 今回は、コレクション広告がどのようなものなのかについて紹介していきます。企業でインスタグラムをマーケティングツールとして活用しようとしている方は、一度目を通して参考にしてみてください。




インスタグラムのコレクション広告とは?


インスタグラムには広告のフォーマットが5つ(2019年3月現在)用意されており、そのうちの1つが今回紹介するコレクション広告です。 複数の商品を宣伝したい時に作成し、インスタグラム上でユーザーが購買体験をして、商品の購入を促すことを目的としているのが特徴です。一部の企業を対象に試験的な導入を行ったのち、2018年7月より全ての広告主がコレクション広告を作成できるようになりました。企業が独自の広告を配信できるとして注目されています。 以前のインスタグラムで配信していた広告では、複数の商品を見るためには左右へのスワイプが必要でした。つまり見てほしい商品に辿り着くまで、何度もスワイプしてもらわなければいけなかったのです。そうしたフォーマットではユーザーが途中でページの閲覧を終了してしまうことが多く、満足できる宣伝効果を得ることができませんでした。 その問題を解決したのが、コレクション広告のフォーマットです。1つの広告内に複数の商品やサービスを紹介できるようになったため、商品カタログのようなものが作れるようになったのが大きな特徴です。 インスタグラムは、2018年からショッピングができる機能やIGTVなどの様々なツールを始めていますが、コレクション広告はこれらのサービスがスムーズに進むために、企業とユーザーに気軽な接点を作り、マーケティングの効率を高めています。ファンを獲得し、商品やサービスを購入してもらうためにはコレクション広告は重要なサービスと言えるでしょう。


コレクション広告の詳細な仕様とは?




コレクション広告は、メインとなる画像や動画の下に3つの別商品を並べることが可能です。そのため、ファーストビューの段階で4つの商品をユーザーに見せられるということになります。 下に並ぶ3つの商品をタップすると商品一覧が表示され、その中から気になったものをタップすることで、商品詳細の表示と購入が可能になっています。また、画面下部にある「Shop More~」の表示をタップするとブランドの詳細画面が表示され、そちらからも同様に詳細表示や購入を行うことが可能です。 広告に載せるメイン画像・動画や下部に表示させる商品は、事前にFacebookビジネスマネージャに登録した中から、もしくは手動での選択が可能です。なお、広告を作成するにはインスタグラムが定める仕様に則る必要があります。テキストは90文字以内、広告目的は「トラフィック・コンバージョン・カタログからの販売・来店数の増加」の4つから設定し、メインとなる画像・動画は正方形もしくは横長での500ピクセル以上といった具合です。 詳細な仕様に関しては、インスタグラム公式が提供するページ(Instagramでコレクション広告)を参照するようにしてください。


特徴仕様を知りインスタグラムの広告機能を活用しよう!




コレクション広告について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 先に述べたように、インスタグラムには今回紹介したコレクション広告以外にもストーリーズ広告、写真広告、動画広告、カルーセル広告といったフォーマットの種類があります。それぞれの特徴を把握しておくことで、費用対効果の高いマーケティングを行うことが可能です。 コレクション広告以外のフォーマットにも目を通して自社のマーケティングに適した広告を選べるようにし、インスタグラムの広告機能を効果的に活用できるようにしていきましょう。



0件のコメント

Comments


bottom of page