top of page

YouTubeはTwitterで拡散!視聴者を増やす動画宣伝


YouTubeでライブ配信を行う場合や、編集動画を投稿する際にTwitterでツイートし宣伝するYouTuberも多く見かけることでしょう。

今回は、YouTubeはTwitterで拡散!視聴者を増やす動画宣伝について紹介していきます。



TwitterでYouTube動画をシェアするメリットは?

まず、なぜ多くの人がYouTube動画をTwitterで告知しているのかについて知っておきましょう。 YouTube外のSNSはアクティブユーザーが多く、なかでもTwitterは独自のシェア機能となるリツイートが採用されているため、拡散力が非常に高いのが魅力でもあります。 フォロワーの多いインフルエンサーなどがリツイートし、さらにフォロワーがシェアするという流れは、壮絶な拡散力を生み出し、瞬く間に広がり動画がバズるというケースも少なくありません。 また、Twitterのフォロワーを増やすには一筋縄ではいかず、時間を要するケースもありますが、一定数のフォロワーを得ることで動画拡散のサイクルを作り上げることが出来ます。認知されるということは動画の視聴回数をアップさせるためにも、登録者を増やすためにも必要な第一歩となります。 YouTubeでもシェア機能やレコメンド機能を採用していますが、自分のことを知らない潜在層にアピールでき、流入が見込めるツールとしてはYouTubeよりもTwitterの方が優秀なのです。 Twitterと相性の良いジャンルも、ノウハウ系、美容、芸能、動物と幅広く、無料で登録できるため、YouTubeチャンネルのコンセプトに関わらず宣伝ツールとして活用すべきSNSの一つなのです。


YouTube動画はTwitterと連携できる?

以前はYouTubeとTwitterの連携機能があり、YouTubeで動画を投稿すれば自動でツイートされるというシステムがあったのですが、現在では廃止され利用することはできません。 ですが、Zapierという外部ツールを用いることで自動化することが可能となります。


オリジナリティを出すなら手動ツイート

Zapierを用いることで自動ツイートが可能となりますが、毎回投稿するメッセージが同じでは機械的でユーザーの興味を引きつけることが難しくなってしまうため、動画の告知よりもチャンネル宣伝を目的としている段階では、メッセージのカスタマイズの利く手動投稿がオススメです。 自動連携とは異なり自由にコメントやハッシュタグを入力することができるため、補足したい情報やユーモアを盛り込むこともできユーザーの興味を惹きつける方法も広がります。また、自由に言葉を選択できると言うことはSEOを狙った投稿もできるのです。 チャンネル認知度を上げていく段階では、YouTubeのチャンネルタグ、概要欄・説明欄などYouTubeページを丁寧に作り上げていくことが大切なように、Twitterにおいても丁寧に言葉を届けられ、反応率が高まるツイート作成がポイントになります。 自動化するメリットはありますが、はじめから自動ツイート機能を利用するのではなく手動ツイートからスタートすると良いでしょう。


埋め込み投稿の手順

直接URLをコピーしてリンクを貼り付け投稿することも可能となりますが、サムネイルが枠の中に埋め込まれるプロフィールカード型で表示させたい場合には、YouTubeページからの共有投稿を行いましょう。

埋め込み投稿の方法は以下の通りになります。

  1. 共有したいYouTube動画を開き【共有】ボタンをクリックします。

  2. 共有先となるSNSの候補が表示されるので【Twitter】を選びます。

  3. Twitterをクリックするとツイート画面が表示されますので、テキストやハッシュタグを入力し、ツイートボタンを押したら投稿完了となります。


個別投稿で視覚へアピール

プロフィールカード型はサムネイルが小さめに表示されてしまうため、サムネイルの広告性が強く、インパクトを与えたい場合には、あえてプロフィールカード型を利用するのではなく画像を貼付するのもありです。 また、Web版のTwitterでは問題なく表示されるのですが、スマホやタブレットで利用できるアプリ版においてプロフィールカード型は、タイムライン上でサムネイルが表示されません。

Web版ではプロフィールカード型でも視覚にアピールでき目に留まりやすいですが、サムネイルが表示されないアプリ利用者にもしっかり届くツイートを作成したい場合には少し手間とはなりますが、埋め込み投稿ではなく、個別投稿を考えてみましょう。


まとめ

YouTubeにおいて登録者や視聴回数を増やしたいと考えている場合には、YouTubeと親和性が高いTwitterを宣伝ツールとして活用していきましょう。 YouTube動画の投稿には外部ツールを用いて自動連携も可能ですが、自由度の高い投稿でユーザーの興味を惹きつけリツイートを狙いつつ、SEOからもヒットを狙う戦略を練れる手動からスタートさせていくのがオススメですよ。

0件のコメント

Comments


bottom of page