top of page

YouTubeチャンネルに認証バッジをつけるメリットは?申請の手順も公開!

TwitterやInstagramのようなSNSと同様、YouTubeにも認証バッジが付けられることをご存じでしょうか? この認証バッジは一定の条件を満たせば申請が可能です。取得することで視聴者からの信頼度も高まりますよ。

今回は、YouTubeチャンネルに認証バッジをつけるメリットや申請の手順について詳しくご紹介していきます。企業チャンネルやビジネスとしてチャンネルを運用していて、信頼度を高めるために認証バッジを申請したいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。






YouTubeで認証バッジをつけるメリット2選


それでは早速、YouTubeチャンネルの認証バッジを取得するメリットを2つご紹介します。

  • 信頼度がアップする

認証バッジをつけると、運用しているチャンネルや投稿者、発信しているコンテンツの信頼度がアップします。企業チャンネルを運用している場合、SNSマーケティングを目的として運用していることが多いかと思いますが、ユーザーから信頼を得ることは極めて重要なポイントです。認証バッジがあるというのは、YouTubeが「公式」と認めた証でもあります。

そういったチャンネルから投稿される情報は、認証バッジがついていないチャンネルと比べても信頼されやすく、チャンネル登録者数も増えやすくなるでしょう。 信頼度がアップすれば、チャンネルから発信される情報をより受け止めて貰いやすくなります。コンテンツに興味を持って貰えれば、自社の公式サイトのアクセスが増え、商品やサービスの購買に繋がる効果も期待できます。 SNSマーケティングを実践したいと考えているなら、認証バッジをつけるのは大きなメリットがあるといえるでしょう。


  • なりすましとの区別が明確になり、炎上を防げる

認証バッジをつければ、なりすましとの区別がより明確になり、炎上などのトラブルを防ぐことができます。企業や著名人と偽って運用するなりすましは、トップ画像を似せていることも多く、パッと見ただけで判断するのは難しいです。 ですが、認証バッジさえ取得していれば、そのようなデメリットを防ぎ、すぐにユーザーに向けて注意喚起することが可能です。認証バッジがついている分、自分の発信の方を信頼して貰いやすくなります。 また、認証バッジがあることで、ある程度なりすましを防ぐ抑止力にもなるので、炎上対策として申請するのもおすすめです。




YouTubeの認証バッジの申請条件


YouTubeの認証バッジを申請するには、「チャンネル登録者数10万人以上」である必要があります。10万人を突破した状態で下記のページに進むと、申し込み用のリンクが出てきます。

「YouTubeヘルプ」→「アカウントと設定を管理する」→「チャンネルの認証バッジ」

このように申請を進めていくと手続きが簡単に完了します。認証バッジの申請では、チャンネルの投稿者が本人であると確認するために、開設時期などのあらゆる情報が確認されます。場合によっては追加の情報の提供を求められる場合もあるようです。 また、チャンネルが一般公開されているか、チャンネルバナーや説明、プロフィール写真、コンテンツがあり、きちんと運用されているかも合わせてチェックされます。 基本的には10万人以上が申請できる認証バッジですが、例外的に10万人に達してなくてもYouTube以外でも広く認知されていれば、先を見越して認証されることもあるようです。


認証バッジの申請方法

ここからは、YouTubeチャンネルの認証バッジの申請方法について解説していきます。

  • YouTubeヘルプのリンクにアクセス

上記でご紹介した手順でページまで進み、「今すぐ申し込む」と書かれたリンクをアクセスしましょう。

  • チャンネル名とIDを入力する

続いて、チャンネル名とIDを入力します。 IDがわからない時は、「設定」→「詳細設定」で確認できます。

  • 申請完了

以上で認証バッジの申請は完了です。 進捗状況は後日メールで送られるのでそちらを確認しましょう。無事承認されれば、チャンネルに認証バッジがつくようになりますよ。





チャンネル登録者数を増やすなら「MARTA boost」のサービスがベスト!

ご紹介した通り、認証バッジの申請はチャンネル登録者が10万人に達している必要があります。とはいえ、なかなかこの数に到達するのは難しいですよね? そこでおすすめなのが「MARTA boost」でチャンネル登録者を購入すること。 MARTA boostは、ロボットではないアクティブなユーザーがチャンネル登録をしてくれます。そのため、YouTubeに感知されてアカウント削除などのペナルティを科せられるリスクはありません。 数量や増加速度なども選択できるので、チャンネル登録者数を効率よく増やしたいと考えている方はぜひご活用ください。



まとめ

YouTubeチャンネルの認証バッジは、取得することでチャンネルの信頼度が高まります。 公式サイトへのアクセスや購買、サービスの利用に繋がりやすくなるだけではなく、結果的にチャンネル登録者数も増えやすくなります。企業チャンネルなどのビジネスチャンネルを運用している方は特に、ぜひ認証バッジ取得を検討してみてください。 チャンネル登録者数を効率的に増やしたいという方は、「MARTA boost」のサービスを利用するのもおすすめです。世界中のユーザーに拡散し、素早く登録者を増やすことができますよ。興味がある方は、ぜひこちらもご検討ください。

0件のコメント

Comments


bottom of page